リフタージュの口コミ・効果を調査!!【&コラーゲン体験】 > コラーゲンに関してサプリと医薬品の違い

コラーゲンに関してサプリと医薬品の違い

コラーゲンは肌をつくる重要な構成要素であり真皮層に多く存在しています。

 

いったん体内に入り、アミノ酸にまで分解されたあと血行に乗って各細胞に運ばれ、顔だけでなく体全体の肌の弾力を向上させる作用があります。毎回の食事で十分な量を補うには脂質や塩分などを摂りすぎてしまう可能性が高く、体に余計な負担をかけずに補えるカプセルや錠剤は計画的に摂取し続けるのに向いています。

 

このコラーゲンにはサプリメントと医薬品があります。原料や吸収率などは関係なく、両者の違いは期限内に一定の含有量が保証されているかどうかです。原料や製造時には表示量分の栄養素が含まれていても、劣化などにより体に取り込む時点では効果の程がわからないのが健康補助食品であるサプリですが、その点医薬品は消費期間内であれば確実にコラーゲンを補給できます。また医薬品は効能や副作用についても薬局で確認することができ、服用法も規定が存在しており、高い信頼性が特徴です。カプセルやつなぎに関しても詳細な記載があり、アレルギーや持病のある人でも事前に情報を確認できるので安心です。

 

ただ不適切な環境下で保管すると劣化する可能性があるので、温度や湿度には注意が必要です。肌は約1か月の周期でターンオーバーがあり、アンチエイジングや美肌目的であっても即効性が期待できるものではなく、毎日とり続けることで徐々に効き目を実感できます。過剰摂取は逆に健康障害を引き起こす可能性があります。

 

 

リフタージュ 口コミ   TOPへ戻る

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2015 リフタージュの口コミ・効果を調査!!【&コラーゲン体験】 All Rights Reserved.