コラーゲンのアレルギーについて

コラーゲンは、動物などから摂られたものを原料としております。コラーゲンにはさまざまなものが使われているため、アレルギーに気をつけなければいけません。

 

コラーゲンのアレルギーは、原料となるものに反応が起こる場合があります。食べ物で症状が出るものがある場合には、原料に特に注意してから摂取することが大切です。

 

また、コラーゲンの原料以外にも、一緒に配合されているものにも注意する必要があります。肝臓に疾患がある場合など、たんぱく質の一種のため、摂取制限を行っている人などは医師に相談の上利用する必要があります。また、授乳中などの場合には、大豆イソフラボンなどを一緒に配合されているものは、避けた方が良いといわれております。

 

アレルギー反応の症状として、肌が腫れたり、蕁麻疹が出るなどの他に、稀に手足のしびれやむくみを起こすことがあります。症状のひとつとしてアナフィラキシーショックがあり血圧の低下や意識障害など深刻な事態を引き起こしてしまう場合もあるため、そういった症状が出た場合には、速やかに医療機関で相談することが大切です。

 

コラーゲンは食品の一種として扱われているために、摂取量の制限などは特に設けられていないのですが、過剰摂取を行った場合には、健康被害が出る可能性があります。過剰摂取をした場合には、にきびが出るなどの症状が現れることもあるため、決められた量を守って摂取することが大切です。コラーゲンだけを摂取することも健康上良くないので、栄養補助として摂取量をしっかりと守ることが大切です。

 

 

リフタージュ 口コミ   TOPへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2015 リフタージュの口コミ・効果を調査!!【&コラーゲン体験】 All Rights Reserved.